コンテンツ

住宅リフォーム

断熱ビューティルーフ 家を鍛える断熱の屋根

夏涼しく冬暖かい優れた外断熱効果

夏涼しく冬暖かい優れた外断熱効果

強い日差しや冬の寒さを遮る

太陽熱の影響で、夏季と冬季、昼と夜の温度差により常に伸縮を繰り返す住宅の屋根。温度差による躯体の伸縮を防ぐのが、「元旦」の外熱熱工法です。この工法の採用により、屋内の温度環境を適度に保つことが可能となりました。

屋根に断熱が何故必要か?

家を一つの箱と考える場合、隙間や開口部(窓など)以外にも、屋根や床、外壁などからも熱は出入りします。

下の「断熱していない住宅の場合」を見ると、夏は外からの熱気が室内に入り、冬は温めた室内の熱が逃げてしまいます。つまり電気やガスなどのエネルギーの損失と同時に、暮らしの快適性も損なわれます。そこで、外気に触れる屋根や外壁、床、窓に断熱効果のあるものを取り入れ、箱である住宅を包み込む。包むことにより住まいの省エネを推進するのです。

特に屋根の場合は、<内断熱>では躯体に負担をかけ、断熱効果にも限度があります。これからは利点の多い<外断熱>が、断熱工法の主流となります。

断熱をしていない住宅の場合
断熱工法の違いと、その意味

断熱法の利点

  • 建物を支える構造体(躯体)の外側に断熱材があるため、屋内の温度環境を適切に保てる
  • 夜間に暖房を停止しても、室温がほとんど変化しないなど、省エネルギー効果も発揮
  • 躯体の確実な防湿、防触ができるので、結露の発生によるカビなどの発生も防げる

雨をスムーズに流し、ダメージを減らす

雨をスムーズに流し、ダメージを減らす

雨露を凌ぐ

屋根を知る元旦が、30年以上にわたる実績から生み出した独自のダンカクハゼを採用することで、大切なう住まいの寿命を縮める原因となる<雨、チリ、土煙>などの浸入をシャットアウト。この「耐熱ビューティールーフ」の比類無き水密性はかけがいのない住宅をいつまでも美しく守ります。

断熱ビューティルーフの「ダンカクハゼ」は違います。

「断熱ビューティルーフ」は一般の横葺き屋根のハゼと、構造が大きく異なり、吹き上げられた暴風雨も段付近で跳ね返します。噛み合わせ部分に埃が溜まっても、そこから雨水が伝わって内部に侵入し、腐食や汚れの原因になることはありません。

ダンカクハゼ

「断熱ビューティルーフ」のダンカクハゼ

  • ハゼの噛み合わせ部分(B)が屋根面(A)より高い位置にあるため、吹き上げられた暴風雨も段付近で跳ね返します。
    チリ・砂・土埃なども段付近でブロックし、雨水で洗い流します。
  • 断熱ボードの密着により雨音や風邪のバタつき音を防止、断熱効果も抜群です。
    また積雪などの正荷重にも強く、人の踏み込みによる屋根材の変形もありません。

軽くて丈夫、地震や台風に強さを発揮します

軽くて丈夫、地震や台風に強さを発揮します

地震台風に備える

『耐熱ビューティルーフ』の裏面に断熱ボードを密着させることにより、理想的な断熱屋根材となりました。

これからの住宅屋根に求められる、静粛性・水密性・耐久性・耐震性・耐火性にも抜群の効果を発揮する優れた金属屋根材です。

軽くて丈夫、どんな屋根の改修にも最適、丈夫な屋根への改修

「断熱ビューティルーフ」は、葺き替え時の下地材を選びません、美しく逞しい仕上がりを提供します。改修時には「かぶせ工法」により、住み替えも不要で、後期もグッと短縮されました。軽くて安心、しかも高断熱の屋根ですから、台風や地震などの災害時はもちろん、夏や冬も快適な暮らしが営めます。(※ただし、瓦屋根は瓦を撤去します)

「断熱ビューティルーフ」は波型セメント瓦の1/10の軽さです。
断熱ビューティルーフのリフォーム
波型セメント瓦のリフォーム

古いカラー石綿スレート屋根の上から、そのままかぶせる「かぶせ工法」

今お住まいのまま。工事は短期間で完成します。
工事をスタートすれば、3~5日で完成。(屋根形状や工事条件により工事日数が変わります。)

改修前

改修前

改修後

改修後

屋根の雨漏りについて代表がインタビューを受けました

詳細はこちら