コンテンツ

SDGsへの取り組み

 

株式会社秋重板金工業は国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、企業理念のもと、建築板金工事・屋根工事業を通してSDGsの達成に取り組んでいます。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは”Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)” の略称。

2015年9月に開催された「国連持続可能な開発サミット」において採択された「2016年から2030年までの国際目標」のことです。
すべての人が平和と豊かさを享受できることを目指し「17のグローバル目標」と「169のターゲット」「232の指標」で構成されており、地球上に誰一人として取り残さない(”leave no one behind”)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

 

 

資産価値の維持・向上への取り組み

住宅から大型まで、新築から改修まで責任施工

私たちは建物の維持・修繕にかかわる者として、調査・施工・アフターサービスまで一貫して提供することで、建物の長寿化に取り組んでいます。

 

顧客満足と継続的改善への取り組み

建設キャリアアップシステム登録と自社キャリアパス制度の構築

私たちは構築したマネジメントシステムを継続的に改善することで、顧客満足の向上に取り組み、携わる技術者の確保・育成に取り組んでいます。

 

環境負荷の軽減への取り組み

リフレティックス工法特約企業/環境マテリアル推進機構山口県支部長

私たちは省エネ建材や省エネ工法を積極的に採用することで、運搬/施工/お引渡し後など、あらゆるシーンにおける環境保全活動に取り組んでいます。

 

ページ上部へ